これはきっと恋してる

藤ヶ谷くんが眩しすぎてなにも見えないよ。@kiss__xxx_o0

キミとキスマイとそれから-タイトルに「きみ」が入ってるキスマイの楽曲の個人的解釈-

キスマイのオタクになってから移動中、作業中は専らキスマイ聞いてます。
好きになる前は全然知らなかったけどいい曲が多くて、ギラギラオラオラソングだけじゃなくてキャッチーな可愛い曲もしっとりバラードもおもしろトンチキ系まで幅広く揃えられてる!すごいキスマイ!

 

ただ曲名がなかなか覚えられなくて。「ああ、この曲あれかな?」→全然違う。なんてザラにある。私が覚えるのめちゃくちゃ苦手ってのも理由の一つだと思うんだけどキスマイってタイトル似てる曲多くない!??気のせいかな?あと日本語タイトルの曲すくないイメージ。
「カモンカモン」とか「キスキス」とか同じ単語が楽曲中多様されてたりしてとても新規にはハードルが高いです!!!あと頭悪いから英語のタイトル覚えにくいの。これを全部混乱せず当たり前のように覚えてるキスマイ担すごい!

なかでも「きみ」がはいってるタイトルの曲が多くて(日本語タイトル少ない割に「きみ」の登場回数多すぎでは)シャッフルで流すたびに混乱してるので、タイトルに「きみ」が入ってるキスマイの楽曲を個人的に解釈考察していこうかな〜と。(やっと長かった前振りが終わった)(そしてタイトルに戻る)

※ジャニーズ全体で見てもキスマイが「きみ」を含むタイトルの楽曲が多いわけじゃないので私が無能なだけです。

 

 

キミとのキセキ

鐘の音から始まるハイパーキラキラソング!

キミとのキセキ』はドラマにぴったりな一途に大切な人を想い続ける胸が締め付けられるような歌詞と爽やかで夏にぴったりなポップチューンからなる恋愛ソングです。
この曲が聴いてくれた人の恋が実るようなキセキの曲になるように心を込めて歌いましたので、ドラマと共に主題歌もチェックしてみてください!」

 って玉森くんは言ってるけどこの歌私の中で「オタクが推しに捧げる最強ラブソング」だと思ってて。りあこじゃなくて純粋に好きで好きで応援してて気持ちが溢れちゃうって人向けの。

 

いつの日も君がいればそれだけで奇跡とか
いつかささやかな君の夢が地上に舞い降りる時誰よりも側で僕が見届けたいとか
オタク心を擽るワードがあちこちに散りばめられてる。

 眩しい程に煌めく願いをかかげて
眩しい程に煌めく願いってなんだろう、Jr担だったらデビューかな、48グループだったら総選挙1位かな、舞台俳優厨だったら推しの座長かな。とか色々妄想が膨らんで最終的には、でもやっぱりキラキラ笑顔でステージに立ってる自担が見れるのが一番の願いだなって。当たり前じゃないもんね、それが最大の願い。

 

 

いつだって藤ヶ谷くんがいればそれだけで奇跡だよ!藤ヶ谷くんがアイドルとして生きているこの世界が奇跡!!

推しに無償の愛を捧ぐ全国の幸せなオタクに向けたウルトラハッピーソング!

You're my shining star 無限の輝き

キミとのキセキ (CD+DVD) (初回生産限定盤A)

キミとのキセキ (CD+DVD) (初回生産限定盤A)

 

 

 

君にあえるから

藤ヶ谷くんの低音ボイスからシャンシャンシャンって鈴の音が聞こえて、真冬のクリスマスを想像させるラブソング!
ジャズテイストで間奏なんかオシャレなバーとかでかかってそうな雰囲気の曲だけど、どこか切なさを感じます。

 

歌詞の一番のほうでは「手を繋ぐ僕らがいたんだ」「君を探す僕」と別れを連想させるような単語が続いてるあたり、このカップルは秋頃(時期は知らん)一度別れたのではないかな〜って。
でも二番では「こんなに真っ直ぐ愛し合えることを君が教えてくれた」って死ぬほどの愛をぶつけて必死に訴えている彼氏。これは一旦別れたけど、別れて初めて彼女の存在の大きさに気づいたクソ野郎のラブソングだな!??調子いいんだから〜!!もう!

 それを考えてもう一度一番の歌詞を見てみると「君を探す僕をからからって」って歌ってる。私一度別れた相手に情は沸かないんですけどこの彼女は、一度振られたにも関わらず自分のことを探す彼をからかう(愛おしんでいる)!!!??別れを切り出されたけど彼が自分の元に戻ってくることが分かってたようなこの余裕ぶり!年上か??
そして駅前で久しぶりの待ち合わせ。待ち合わせっていいね。特別な気分にもなるさそりゃ。渋谷ハチ公前のピキラ看板前で待ち合わせかな??(うるさい)

 

やっと見つけた この愛を永遠に誓って
お前が捨てたんだろ!って思いつつ私の元に戻ってきてくれた嬉しさとストレートな物言いににやにやしてしまう。年下彼氏ずるい。

僕に 舞い降りた真冬の奇跡
アイシテル 何度だっていい 君に 君に 言うよ
ここまでストレートに愛情表現されたらそりゃ嬉しくて可愛いな〜もう仕方ないな〜ってなっちゃうよ!やっぱり私がいなきゃだめなんだから〜って。

 

そして改札から見えた彼女の姿。

改札の向こう側で 降る雪と僕を見て
とびきり笑顔な そうさ君に 君にあえるから
久しぶりの彼にとびきりの笑顔になっちゃう彼女。そんな彼女に愛してるってストレートに伝える彼。なんだ、もうこの2人最初から愛しかなかったんじゃん!末永くお幸せにな!!


ここまで書いて冷静になると普通にこれ遠距離恋愛の歌だわ、間違いなく。思考回路が卑屈なのですぐ別れの歌にさせがちだしなにより自担に似て妄想が広がりすぎた。久しぶりに会うカップルがお互いを愛おしむただただ純粋なラブソングだった。申し訳ない。でもここまで書いたからもう消したくない(笑)歌詞にはいろんな解釈があっていいと思います。

 

Thank youじゃん! (通常盤)

Thank youじゃん! (通常盤)

 

 

 

 

君のいる世界

言わずと知れた結婚式ソング!ゼクシィ!!

何て言えば君に届く?大事なことほど言えないまんま
プロポーズの言葉が言えなくてもやもやしてる彼氏かな〜?同棲はしてるのかな〜?机の上にゼクシィなんて置いてアピールしてるのかな〜??この一文だけでここまで想像させるってすごい。
この歌最後まで「すき」とか「愛してる」とか言わないの。言わないけど一緒にいる温もりとか優しさとか全部伝わって、結婚するんだろうなって思わせる。

 "今日まで"も "今日から"もちゃんと想いを全部君に 感じて欲しいのに
節目の日になるんだなって思わせる歌詞。最高!!!!はやくプロポーズしちゃえ!!頑張れ!って思いながらもこの彼氏が結婚に対してすごく真面目に考えているのがわかる。今日までと今日からは生活が変わるよね、子供ができるかもしれない。転勤してそれについていくことになるかもしれない。一生のパートナーってそういうことなんだろうなあ。

 

 

キスマイの声が優しくて、結婚って素晴らしいんだよってメッセージにも感じる。
私結婚とかデメリットしかないって感じる人間で、お金はなくなるし他人とずっと一緒に生活するとか絶対しんどいし自分はできないだろうなって思ってるんだけどこの歌聞いて結婚って暖かくていいなって思った。(単純)

 

どんな宝石より輝く  最高の瞬間はいつでも
君が笑うとき 君が笑うとき ずっと
一番と二番の締めに出てくるここの歌詞。宝石(指輪)と対比して彼女の笑顔を表現してるのがめちゃくちゃにいい!!!やっと指輪渡せたのか!!って喜びと、彼女が泣き笑いしながら喜んだんだろうなって思わせる表現!120点満点にいい!!!!!
最高の瞬間が君が笑うときってそこに愛しか存在してないじゃん。私の最高の瞬間は藤ヶ谷くんが笑うとき!藤ヶ谷くんが笑うとき!!

 


「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです。」 

結婚=幸せじゃなくて、あなたとの結婚だから私は幸せ。っていうゼクシィのキャッチコピー死ぬほどいいなって思ったんだけどこの「君のいる世界」もそれを彷彿とさせるものがある。結婚って誰かのものじゃなくて自分と相手のもの。結婚しなくても幸せになれるって謳っておいてその逆説で「あなたと結婚したい」っていうのロマンチックすぎませんか!??お互い1人でも楽しくて幸せに生きてきたけど、あなたといたらそれがもっと幸せになる!あなたといたい!って随所で伝わるキスマイのメッセージ性のある楽曲!あとタキシード姿が反則すぎるで賞。

 

 

 

 

 

君のいる街

オルゴールの音色から始まり、スキップしたくなるようなワクワクしたかわいらしい音楽に続く。最後もやっぱり君や、君のいる世界に比べて真っ直ぐな歌詞で少し拙く、それでいてとても綺麗な楽曲になってる気がする。これ聞くとイルミネーションが見たくなるしディズニーに行きたくなる!

 

 変わらずに君と ここにいれる事 嬉しくて愛しくて
比喩表現など一切使わず「君」への愛を歌っているこのフレーズから、少し幼い2人のラブソングのように聞こえる。
高校生のカップルが「ずっと一緒にいようね」って口約束をするみたいに、その時はこの愛が一番壮大だって信じて疑わない真っ直ぐさがある。
高校の時に友達と恋バナ(死語?)したこととか、好きな人とニケツしたこととか放課後まで教室に残って一緒にテスト勉強したこととか思い出して胸がぎゅ〜〜ってなる。(私情挟みすぎ)愛おしくてもどかしい。

 

I Miss You 消えないで 夢ならば醒めないで
この彼氏〜〜!!絶対カラオケでモンパチ歌う〜〜!!!しかもちょっと上手そう。中高の時に習うような単純な英語混ぜてきたり、カラオケでモンパチ歌うであろうこの彼氏明らかにクラスの中心人物。もしくは軽音部。
(わたしはカラオケでミスチル歌う男の人が無条件好きですけど藤ヶ谷くんのせいでchemistryも好きになりました♡/キスマイBUSAIKU!?2014.08.01参照)

あとこの手の男子は女友達がすこぶる多いのですーーーぐ喧嘩するイメージ。

 

ほら喧嘩した!

いつまでも喧嘩してじゃれ合う
でもここ!!!!すっっっごい可愛い!絶対ケンカの内容とかしょーーーーもないでしょ!ヒィィィかわいいいいいいい!!!!このカップルが永遠に幸せでいてくれるように願わずにはいられない!社会人になっても結婚してもこの二人には、いつまでもくだらない喧嘩してじゃれ合って笑いあっていてほしい。

 

そして歌詞は少し戻って

この冬が終わる頃 僕ら二人はどうなっているだろう
急に大人な顔しないでよ。さみしいよ、将来のことなんて考えないでバカみたいに隣で笑ってよ!ニカちゃん!!!!!(歌割が二階堂くんなのです。歌割考えた人まじ神)

通り過ぎる日々の中に
当たり前のことはきっとないだろう
大人になんかならないで。今が楽しいのが当たり前みたいな顔してよ!別れがきちゃうみたいじゃん。将来のこととか進路の話とか親や先生としていく過程で、今がどれだけ幸せなのかってことに気づいたのかな。一緒に笑ってられるのが当たり前の毎日がいい。

 

来年も君と この街で君と この空を見れるように
約束!!絶対来年も「さむいね」って言いながらばかみたいな話をして歩こう。まだ幼い二人の、二人だけの世界を大事に生きてほしい。君たちにはハッピーエンドしか似合わないよ。春がきてクラス変えしてバラバラになっても、教科書借りに遊びに来てよ。放課後は一緒に帰ろう。文化祭も体育祭も球技大会もマラソン大会もぜんぶ二人で楽しもう!!

祝福の鐘が鳴って 溢れる思いのまま抱き寄せるよ
学校のチャイムさえもウェディングベルに見たてるのロマンチックすぎて最高。(私が勝手に考えてるだけ)大人になりきれない二人のかわいいラブソング。かわいすぎる二人に乾杯!!!

 

 

 

最後もやっぱり君 

この歌に出てくる男性って千賀くんみたいで私この歌すごい好きで。

よく泣いた よく笑った けんかもした
すごい可愛くないですか?どんだけ感情むき出しなのって(笑)でもそれと同時にどんだけ本気の恋愛してるのって。

男の純粋な愛する思いを曲にしました。
「ケンカだなんだ」二人の間にあっても最後は君と居たいんだというラブソングですが、 僕が曲を作っている時は、家族や友情含めて人間同士の心と心の絆みたいな事も考えながら書きました。  

「男のいい加減さ」というか・・・
〈1番〉で 「絶対なんて有り得ない」 って言い切っておいて〈2番〉で「最後も絶対君」と「絶対」という言葉を使う所に男の哲学と男のロマンを感じていただきたく思っています。  
女性から言わしたら「なんていい加減な!」って叱られてしまいますが、でも、どっちも嘘じゃないんですよ、男からしたら。  
その辺に人間味を感じてください!  

 って楽曲提供してくださったつんく♂さんが言ってて、「え、めっちゃ千賀くん。」ってなった。純粋なところとか感情むき出しなところとか、それでいてとっても優しくて真面目なところとか。私は千賀担じゃないから全然検討違いなこと言ってるかもしれないけど、藤ヶ谷担(私)から見た千賀くん像ってこんな感じ。



絶対なんてありえない だからこそ努力をしているんだ
努力をしているなんて端的な言葉が急に歌詞に入ってきて一気に歌に現実味が増すっていうのもあるよな〜と。さっきまで一緒にいたいとか、信じると決めたとか格好いい言葉を並べていたのに「でも俺も努力してるもん」ってポロっと零す本音に不意打ちでやられちゃうような。千賀くんはそういうことが素でできそう。(でも、よく考えたら千賀くんが弱音吐いてるところ見たことないかもしれないからここは壮大なイメージということで。)
愛され上手な感じがして、ここすごい千賀くんだなって思った。普段からもダンスとかピアノとか頑張ってるの見てるし、そんな彼が急に「頑張ってるよ」って自己申告してきたらそんなの可愛くて可愛くてたまんないじゃん!??この歌詞にでてくる男性は無邪気で正直でピュアなんだろうな〜って出てくるワードひとつひとつからすごく汲み取れる。

 

 一秒でわかる時もあるし
きっと死ぬまで分かり合えないこともあるだろう
そりゃそうだよ、だって冒頭で喧嘩したばっかじゃん!って思わずにはいられないフレーズ。でもこの二人ほんと毎回些細なことで喧嘩してるんだろうな〜結局喧嘩しても別れないんだろうな〜ってここまで話広げられる。あれ?私気持ち悪くない??いやつんく♂さんがすごい。

あと、ここの歌割が「マイコ◯◯好きって言ってたじゃん?」でおなじみの藤ヶ谷くんってとこがもうさぁ〜〜〜!!!マイコのこと全部わかってるよってテイストでいつも攻めてくるのに、死ぬまで分からないこともあるって本当は心の中でわかってる藤ヶ谷くん……それでも、いつも「私の一番の理解者♡(20代 学生)」でいてくれようとするその姿勢が死ぬほど胸キュンした。

 

そのあとに続く「生まれた意義感じる」っていうのも藤ヶ谷くんらしくてよかった。藤ヶ谷くんって急に真面目スイッチぱちーんって入るとこあるじゃないですか。言葉の言い回しがバカ真面目になるっていうか。

例えば同棲のこと「生まれも育ちも違う人と一緒に住む」って表現したり、相手を褒める時「ご両親の愛情だね」ってその方のご両親のことを褒めたり。それは全部藤ヶ谷くんの口から出た言葉だけど、今回のこの歌詞と通ずるところがあるなって思った。歌割まで神!!!

 

失敗しても絶対 あきらめないさ絶対 
最後も絶対君 最後も絶対君
ここで最初つんく♂さんが説明してた逆説のフレーズがはいる。絶対なんてないって言い切っておいて「最後も絶対君」って。ロマンチックですよね。矛盾が生じてるけど、それって全部その時思って零れた本音ってことだもん。要はあの時はこう思ってたけど、今君と一緒にいたら「キミとの絶対はあるように感じた」ってことでしょ?なにそれ愛じゃん。最高。

その時思ったことを言葉にして伝えてくれるっていうのも千賀くんっぽい。ツアー終わった後こっちが恥ずかしくなっちゃうような優しいブログ書いてくれたり、メンバーのこと心から褒めたり、好きだよ!ってストレートに二階堂くんに伝えるとこだったり。なんかこのピュアさがこの歌の男の子とリンクしたんだよね〜。
だからこの曲流れるたびに私は、千賀くんのこと思い浮かべながら聞いてる。

千賀くんのキラキララブソング!

 

最後もやっぱり君(初回生産限定盤)(CD+DVD)

最後もやっぱり君(初回生産限定盤)(CD+DVD)

 

 

 結局「きみ」がタイトルに入ってる曲数多くなかったけど妄想爆発でめちゃくちゃ楽しかったです。曲聴くたびストーリが再生されるってすごいいいよね。藤ヶ谷くんも「いつも頭の中に物語があるのがいい」(ニュアンス)って言ってたからそういうのと同じなのかな〜??妄想好きなところも似てるね♡♡♡

 

キスマイの音楽は意味ないリズム音楽が多いと思ってたけど、曲の背景まで考えるとめちゃくちゃ深みが出るし愛着が湧いて大好きになりました!!意味のない「カモンカモン」「キスキス」とかももちろん好き。

 

 

そういえば新曲「PICK IT UP」も出たし、三形態ぜーーーーーーーんぶ最高だったからみんなにも見てもらいたいしレポも見たい!!!!キスマイ担以外で新曲の「PICK IT UP」気になる人いたら、はてブロでレビュー書いてくれるのと交換条件で送り付けたいくらい最高だった。無配したい。もしいたら独断と偏見でA・B・通常盤のどれか送りつけるのでお声がけください(いない)

f:id:kiss__xxx:20170609111933p:plain

 ※ネタバレすると藤ヶ谷くんがこの世界を創造した神でありピキラの世界観はロマン。